2009年02月03日

緊急事態 at ムハジャリヤ(2)

http://www.reuters.com/article/worldNews/idUSTRE5120E920090203

1時間前(日本時間3日正午くらい)のニュースによると、UNAMIDはまだ残っているそうです。しかし爆撃は始まった様子です。

具体的に私のように一般市民がどうすればいいか、他の人にもアドバイスをきいて、後でアップします。

また、今回のニュースを読む中で、1995年7月にボスニア・ヘルツェゴビナで起きた「スレブレニツァの虐殺」を知りました。画像検索をするとひどい写真がずらっと並び、目を背けましたが、実際にこの状況がこの6年間ダルフールで起こっているわけです。。

と、上の文章を書いている時にSusanからメッセージが届き、普通の人ができることは、「ダルフールの市民を守るため、政府のリーダーにプレッシャーをかけること」とのことなので、、

国際電話かけてみようと思います!

State Department(米外務省)のパブリックコメントライン(+1-202-647-6575/24時間OK)

----------------------------------

ちょっと緊張しつつかけてみました。。そしたら案の上自動応答だったので、カタカナ英語でメッセージを吹き込みました。

これなら誰でもできるはず!宜しくお願いします!
posted by 真島昌子 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急事態 at ムハジャリヤ

映画「ルワンダの涙」の悪夢のラストシーンが現実で起きようとしています。これは、ダルフール紛争のために活動をしている市井のお母さん、Susan Morganがfacebookに載せた情報の和訳です。
-------------------------------------
State Department(外務省)に電話を!-ダルフールで3万人が危機的な状況

先週末、スーダン政府がムハジャリヤ町からのUNAMID(ダルフール国連AU合同ミッション)の撤退を要求しました。3万人が暮らすムハジャリヤ町周辺に、現在スーダン政府軍が待機していて、周辺難民キャンプを空襲しようとしています。スーダン政府は明らかに、人命の犠牲をいとわない最大規模の攻撃を意図しています。オバマ政権は重要な局面を迎えています。

State Department(米外務省)のパブリックコメントライン(+1-202-647-6575/24時間OK)とホワイトハウス(202-456-1111 or 1-800-GENOCIDE/9am-5pmEST平日のみ)に電話し、以下のメッセージを残してください。

---------------------------------------------
I'm calling to ask President Obama, Secretary of State Clinton and Ambassador Rice to embrace their responsibility to protect the tens of thousands of innocent civilians in Darfur who are in immediate danger due to this weekend's alarming escalation of violence by the government of Sudan.

President Obama, please issue immediate warnings to Bashir and the government of Sudan specifying consequences of attacks on civilians. Please also prepare an emergency response plan to address further violence and appoint a full-time senior level envoy."


images.jpg
「ルワンダの涙」の1シーン

ムハジャリヤの状況をもう少しいろいろ調べて、またアップします。byまちゃこ

--------------------------------------------------
<Susanの書いた原文>
Call the State Dept - 30,000 lives at stake in Darfur 10:37am
Over the weekend, the government of Sudan requested that UNAMID withdraw troops from Muhajiriya, home to 30,000 civilians, as it masses its military forces outside the town and uses airpower to bombard nearby camps for displaced persons. Khartoum's intention is clear: a full-scale assault on Muhajiriya regardless of the cost to civilians. The Obama administration now faces a crucial moment .

Call the State Department's public comment line 24/7 at 202-647-6575 and the White House (9 AM - 5 PM EST weekdays) at either 202-456-1111 or 1-800-GENOCIDE with this message:

I'm calling to ask President Obama, Secretary of State Clinton and Ambassador Rice to embrace their responsibility to protect the tens of thousands of innocent civilians in Darfur who are in immediate danger due to this weekend's alarming escalation of violence by the government of Sudan.

President Obama, please issue immediate warnings to Bashir and the government of Sudan specifying consequences of attacks on civilians. Please also prepare an emergency response plan to address further violence and appoint a full-time senior level envoy."
------------------------------------------
posted by 真島昌子 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
ユニセフ【ダルフール緊急募金できます】
写真家Brian Steidleのサイト。是非見てください。
アムネスティ・ジャパン
ダルフールニュース(最新ニュースの日本語翻訳版)
カテゴリ
映像+日本語字幕(30)
ダルフール情勢について(テキスト中心)(2)
はじめに(1)
その他(17)
ダルフールの子供達の絵(5)
最近の記事
(02/05)緊急事態 at ムハジャリヤ(3)
(02/03)緊急事態 at ムハジャリヤ(2)
(02/03)緊急事態 at ムハジャリヤ
(11/03)11月9日(日)イベントのお知らせです
(06/28)ダルフールのためのG8緊急署名
過去ログ
2009年02月(3)
2008年11月(1)
2008年06月(1)
2008年05月(2)
2008年04月(5)
2008年03月(1)
2008年02月(5)
2008年01月(3)
2007年11月(4)
2007年10月(2)
2007年09月(1)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(6)
2007年05月(10)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。