2009年02月05日

緊急事態 at ムハジャリヤ(3)

http://www.star-telegram.com/279/story/1185676.html

いまから1時間前の記事(日本時間2月5日16時頃)によると、スーダン政府がPKO部隊(UNAMID)に退去警告を出した模様です。お願いだから残ってほしい、、。電話かける以外にできることがあったら教えてください。

UNAMID↓

large_UNtroopsSAfricaMideast_Sudan_War_Cri_Meye.JPG
posted by 真島昌子 at 17:03| Comment(34) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

緊急事態 at ムハジャリヤ(2)

http://www.reuters.com/article/worldNews/idUSTRE5120E920090203

1時間前(日本時間3日正午くらい)のニュースによると、UNAMIDはまだ残っているそうです。しかし爆撃は始まった様子です。

具体的に私のように一般市民がどうすればいいか、他の人にもアドバイスをきいて、後でアップします。

また、今回のニュースを読む中で、1995年7月にボスニア・ヘルツェゴビナで起きた「スレブレニツァの虐殺」を知りました。画像検索をするとひどい写真がずらっと並び、目を背けましたが、実際にこの状況がこの6年間ダルフールで起こっているわけです。。

と、上の文章を書いている時にSusanからメッセージが届き、普通の人ができることは、「ダルフールの市民を守るため、政府のリーダーにプレッシャーをかけること」とのことなので、、

国際電話かけてみようと思います!

State Department(米外務省)のパブリックコメントライン(+1-202-647-6575/24時間OK)

----------------------------------

ちょっと緊張しつつかけてみました。。そしたら案の上自動応答だったので、カタカナ英語でメッセージを吹き込みました。

これなら誰でもできるはず!宜しくお願いします!
posted by 真島昌子 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急事態 at ムハジャリヤ

映画「ルワンダの涙」の悪夢のラストシーンが現実で起きようとしています。これは、ダルフール紛争のために活動をしている市井のお母さん、Susan Morganがfacebookに載せた情報の和訳です。
-------------------------------------
State Department(外務省)に電話を!-ダルフールで3万人が危機的な状況

先週末、スーダン政府がムハジャリヤ町からのUNAMID(ダルフール国連AU合同ミッション)の撤退を要求しました。3万人が暮らすムハジャリヤ町周辺に、現在スーダン政府軍が待機していて、周辺難民キャンプを空襲しようとしています。スーダン政府は明らかに、人命の犠牲をいとわない最大規模の攻撃を意図しています。オバマ政権は重要な局面を迎えています。

State Department(米外務省)のパブリックコメントライン(+1-202-647-6575/24時間OK)とホワイトハウス(202-456-1111 or 1-800-GENOCIDE/9am-5pmEST平日のみ)に電話し、以下のメッセージを残してください。

---------------------------------------------
I'm calling to ask President Obama, Secretary of State Clinton and Ambassador Rice to embrace their responsibility to protect the tens of thousands of innocent civilians in Darfur who are in immediate danger due to this weekend's alarming escalation of violence by the government of Sudan.

President Obama, please issue immediate warnings to Bashir and the government of Sudan specifying consequences of attacks on civilians. Please also prepare an emergency response plan to address further violence and appoint a full-time senior level envoy."


images.jpg
「ルワンダの涙」の1シーン

ムハジャリヤの状況をもう少しいろいろ調べて、またアップします。byまちゃこ

--------------------------------------------------
<Susanの書いた原文>
Call the State Dept - 30,000 lives at stake in Darfur 10:37am
Over the weekend, the government of Sudan requested that UNAMID withdraw troops from Muhajiriya, home to 30,000 civilians, as it masses its military forces outside the town and uses airpower to bombard nearby camps for displaced persons. Khartoum's intention is clear: a full-scale assault on Muhajiriya regardless of the cost to civilians. The Obama administration now faces a crucial moment .

Call the State Department's public comment line 24/7 at 202-647-6575 and the White House (9 AM - 5 PM EST weekdays) at either 202-456-1111 or 1-800-GENOCIDE with this message:

I'm calling to ask President Obama, Secretary of State Clinton and Ambassador Rice to embrace their responsibility to protect the tens of thousands of innocent civilians in Darfur who are in immediate danger due to this weekend's alarming escalation of violence by the government of Sudan.

President Obama, please issue immediate warnings to Bashir and the government of Sudan specifying consequences of attacks on civilians. Please also prepare an emergency response plan to address further violence and appoint a full-time senior level envoy."
------------------------------------------
posted by 真島昌子 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

11月9日(日)イベントのお知らせです

11月9日(日)
〜ONE LOVE FOR THE WORLD Vol.3〜
「One Love For DARFUR」
@新宿 OPEN
19:00 OPEN/START
ADV:¥1500 w/1d
ADM:¥500 UP!!

【SPEECH】
文:中村公政
文:DARFUR SUPPORT JAPAN

【出演】
工藤“Big H”晴康/minga/CHANNEL:H.R.(solo)
First Flava/ROUTE 20/Michie 他

写真提供:
竹林尚哉(PHOTO FILM)
Kazuta Hioki(FLYER)

info:
「新宿 OPEN」
http://blogs.yahoo.co.jp/club_open
「池袋BANKROBBER」
http://www.geocities.jp/bankrobber_soulrebels/
1109omote_3001.jpg.jpg
------------------------------
(一言)
新宿でイベント開催されるようです。近隣の方は是非!
posted by 真島昌子 at 11:29| Comment(3) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

ダルフールのためのG8緊急署名

HRF-G8-btn-125x125.jpghttp://japanesefordarfur.org/modules/formmail/index.php?id_form=6

エブリバディ署名お願いしまっす!↑こちらのURLに詳細がありますのでよろしく!
-------------------------------------------------------
G8首脳にダルフール問題解決に向けて立ち上がるよう求める

G8首脳が2週間後の日本におけるサミットに備えている今、サミットでダルフール問題に関して沈黙を貫くことは、選択肢にないことを、私たちは各国首脳に伝えるべきです。

G8首脳に対し、今年のサミットでダルフール和平のために、強固な姿勢をとり、行動を起こす約束をするよう要求してください。
--------------------------------------------------------
posted by 真島昌子 at 14:34| Comment(2) | TrackBack(7) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

スーダンがチャドと断交

スーダンがチャドと断交

まだ映像みていませんが、先ほどyahooのトップに大きく載ってたのをみて非常にびっくりしたので、とりあえずリンクだけ置いておきます。後で映像探して久しぶりに字幕をつけようと思います。

----------------------------------
非常にびっくり、、。しかし、このびっくりよりも野茂が楽天へ!?のニュースの方がより驚きだな…。世の中ミャンマーのサイクロンなど大変なことが起こっているのに、野茂が楽天へ??またはマー君の白星数、または楽天の順位の方が仙台市民にとってはでかいNEWSなところがいつも悩みます。。。
でも楽天は名前からしてpeacefulでいいです。同じREDでも仙台はRAKUTENカラーですが、アフリカは血の色なのでこの差は絶対おかしいでしょ。絶対なんかおかしい。世界が楽天カラーに染まればいいのにーとぼおっと考えました。
posted by 真島昌子 at 09:49| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

and now, DARFUR Tシャツ作りました 

2008年3月18日追記
.tshirts.jpg

何枚か注文頂きましたので、黒のみS,M,L,XL全サイズ再発注しました。詳細は以下の昔の記事をご参照ください。注文待ってます。私はこれを着て今春マラソンデビューとなります(笑)

-------以下は昔の記事---------------
dalfur_sample.jpg


10/15現在の在庫:黒(全サイズ)のみです

他の色の発注は未定です。(業者さんには10枚単位での注文になりますので…)どうしても他の色がよい場合、10枚になったらまとめて発注できますので、とりあえずstop_darfur@yahoo.co.jp までメールください。黒はSサイズ以外は10/22の発送となります。

------------------------------------
基本メンズサイズなので、女子はSでOK、大きめがよければMとなります。価格は各サイズ税込1800円ですが、日本国内へは送料込みで2000円となります。原価が1枚1500円なので、利益の300円はUNHCRに寄付します。

ご希望の方は、お名前、ご住所、電話番号を明記の上、stop_darfur@yahoo.co.jpまでメールください。追って振込先をお知らせします。

購入をご希望の方はstop_darfur@yahoo.co.jpまでメールください。枚数確保しておきます。

上のJPEGイメージよりもこちらのPDFの方が鮮明にみえます。
dalfur_sample.pdf

design by mari-rock (bmpd, inc)
posted by 真島昌子 at 11:39| Comment(4) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

I GOT LIFTED!!!

私、このブログを始めてから、特にそんなにいいことはなかったような気がするんですが、、、すんごいのが来ました!

このブログを見てくれて、実際に行動を起こしてくれたハードコアすぎる女の子(女の子っていうのも嬉しい)☆☆☆ちゃんが、受験生というのにも関わらず、学校にポスターを貼ってくれて、そのポスターをみた他の生徒がSAVE DARFURという紙に名前を書いてはりつける、というなんともKOOLな行動を起こしてくれたんです!!ひゃっほい!

☆☆☆ちゃんのハードコアさには嬉泣き且つ驚きですが、話をきくと、先生&生徒会も強力PUSHしてくれたのこと。うえ〜ん嬉しい…。私より10も若い皆がさ、しかも受験生なのに、別にやってもやんなくても誰もなにも言わないのにさ、☆☆☆ちゃんのポスターだってシカトすることはできるのにさ、それなのにACTしてくれたんだ…。

そんな超ハードコア(一本筋が通ってて熱いって意味です)な高校は、

愛知県立千種高等学校!!!!!!!!!!!!

みてください、この素敵なACTIONを!

CIMG2122.JPGCIMG2125.JPGCIMG2127.JPGCIMG2128.JPGCIMG2123.JPG

私個人の考えですが、誰も動かなかったら虐殺は続いてしまうんです。虐殺って漢字二文字でいうとあっさり終わってしまいますが、想像を絶することで、それ以上何もいえないようなことです。ホテルルワンダ、ルワンダの涙、みた方も多いと思いますが、ああいうのが実際にあるわけです。やはり誰かが動かないといけなくって、それは毎日PCの前でネットサーフィンして買い物してるわれわれでもできるんじゃないかな、と思います。☆☆☆ちゃんのアクションによってい、たくさんの人がダルフールで起こっていることを知ってくれたという事実。これは大きいのではないでしょうか?

PS:あの銀行の件は、人権団体から問い合わせてもらうことになりました
posted by 真島昌子 at 16:08| Comment(5) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

追記:問い合わせて思ったこと

今後、三井住友銀行のみならず、どこか企業とかに問い合わせる時は、例えばアムネスティ日本やUNHCR日本など、大きな団体を通して問合せたほうがいいと思いました。やはり一個人と社会的に認められている団体へは、回答する側の態度が違ってくると思いますし、大きな団体ですと、回答された内容をより多くの人が知ることができると思いますし。

今回、特に注意して、丁寧に失礼の無い文章で「問い合わせ」ただけなんですけどね…。他の人に同じ気持ちを味わって欲しくないな、、と思います。。ですので、私も次の機会があれば、今後はアムネスティなどにまずきいてみようと思いました。
-------------------------------------------

***このサイトをみてくれて、何かしら動いてくれた皆さんへ***

私たちは日本にいるので、自分や周りの人が民兵に虐殺される、とかは無いから別にダルフールで何かがあってもなくてもあまり生活自体には関わってこないんですよね。で、何かやろうとして、実際にやって、一人ひとりの行動が大事、とは言っても実際には僅かな力しか無くて、別に後ろ盾もない自分が動いたところでそう大差は無いのはわかっているわけです。

さらに「行動したこと」によって今回の私のように嫌な目にあったり嫌な気分にされたりすると、なんか、、、悲しい気分になります。だから、別にそんな思いまでして行動しないで、その分空いた時間でお酒飲んだりショッピングしたりしたほうがハッピー度は高いと思います。けど私はもうちょっとだけがんばってみようと思います。。。
posted by 真島昌子 at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井住友銀行に問い合わせてみましたー。

先週、三井住友ファイナンシャルグループ企画部IR室に郵送で問合せましたところ、先ほど電話で回答があったのでお知らせします。

まず、こちらの質問は@PetroChinaの主要株主である、ということは本当かどうか A本当の場合、貴社ではダルフール紛争についてどういう風に考えているか の2つでした。

私がhttp://investorsagainstgenocide.googlepages.com/problemcompanies ←このサイトに書いてあったんですが…、といったところ、担当のTさん(男)はこの人権団体のサイトもその場でみてくれたようですが、回答は

「社内の海外担当部署も含めていろいろきいてまわりましたが、そういった事実は無かったです。一体どこからの情報なんですか?こちらだって限られた時間でやってるんですからきちんとした情報をとってからじゃないと困るんですよねーーー。情報もないのにこういう手紙送ってもらっても困るんです。」

とのことでした。すすすす…すみませんでしたー。でもPetroChinaのHPが一時見れなくなってたんだもん!事実じゃないのにこしたことは無いんで、良かったんですけど。今度問合せるときには気をつけます。。Tさん時間とらせてすみませんでした。

なので、逆に上の団体にメールで問合せ中で回答待ちです。確かに、ミツイスミトモバンクではなく、Sumitomo Mitsuiって書いてあるしな…回答があったらアップします。

-----------------------------------------------

※2/14(バレンタインデー…)追記

"investors againstg enocide"から回答がありました。いまちょっとバタバタしているので、とりあえず貼り付けだけします。あとはこの団体から例のTさんの部署にコンタクトをとってもらうことになりました。長いですけど、ご覧ください。

Thank you for following up with Sumitomo Mitsui and with us. We do not have as good visibility to Sumitomo Mitsui's filings and holdings as we would like. If you can help us update our perspective, we would welcome your help.

Here's the data that we had on Sumitomo Mitsui's holdings in PetroChina H shares from last fall via Bloomberg. Perhaps this detail will be enough to advance the conversation you've begun with them or enable you or them to provide a more up to date view. Note that the company also had substantial holdings in Sinopec as well as PetroChina.

If they have sold their holdings are they willing to confirm that it was done in order to become genocide free? If they are now genocide free, we will be very happy to promote their good actions.

Can you provide us with a direct email contact at Sumitomo Mitsui?
-------------------------------------------------------

Total Value of PetroChina Total Value of Sinopec
Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc. (Japan) $184,741,872.00 $127,355,000.00
Sumitomo Mitsui New China Mother Fund (MF - Japan) $74,870,612.70 $27,366,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Fund Taikoku 2006-3 (MF - Japan) $14,432,041.00 $10,140,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Alpha Mother (MF - Japan) $14,299,363.70 $9,854,000.00
Mitsui Sumitomo China Stock Yield Fund 2002-12 (MF - Japan) $8,255,777.30 $9,444,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2002-12 (MF - Japan) $7,906,484.00 $0.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2003-2 (MF - Japan) $7,161,866.50 $7,916,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2003-7 (MF - Japan) $6,850,481.00 $6,878,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2001-11(MF - Japan) $5,767,401.00 $6,604,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2003-6 (MF - Japan) $5,734,908.60 $7,124,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2002-5 (MF - Japan) $5,418,107.70 $6,999,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2001-10 (MF - Japan) $4,689,736.40 $5,620,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Fund 06-02 (MF - Japan) $4,559,766.80 $3,198,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2003-3 (MF - Japan) $4,102,165.50 $4,674,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2002-6 (MF - Japan) $3,807,026.20 $4,430,000.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2002-8 (MF - Japan) $2,293,421.90 $2,830,000.00
Sumitomo Mitsui China Frontier Open (MF - Japan) $1,968,497.90 $1,284,000.00
Sumitomo Mitsui Asia/Oceania High DVD Stock Moth (MF - Japan) $1,218,465.00 $0.00
Sumisei China Mother Fund (MF - Japan) $804,186.90 $820,000.00
STB Sumishin China Mother Fund (MF - Japan) $7,834,292.50 $3,128,000.00
STB Asia Oceania Dividend Yield Stock Mother (MF - Japan) $2,767,269.40 $0.00
Sumitomo Mitsui China Stock Yield Fund 2001-12 (MF - Japan) $0.00 $9,046,000.00
--------------------------------------------------

??どうなんでしょー??
posted by 真島昌子 at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

号外:三井住友銀行使ってる皆さんへ!

最近、アメリカの投資信託会社とダルフール紛争の映像の字幕をつけましたが、ダルフール問題について様々な情報を提供してくださっている動物のお医者さん日記に私達日本人にとって驚愕の事実が!

三井住友銀行に預金がある=ダルフールでの虐殺行為への資金援助している

ええっ??三井住友銀行はジャンジャウィードによる虐殺行為に加担しているんですかぁ???

そんなバカな!と私も一瞬思いましたが本当でっす!全文は動物のお医者さん日記をご覧ください。以下抜粋です。
-----------------------------------------------------

三井住友銀行。私がさまざまな支払等に利用している銀行です。この銀行の名前を思わぬところに見つけてしまいました。PetroChina社の主要株主の一覧です。現在、上から12番目に載っています。PetroChinaというのは中国がスーダンで経営する石油企業であり、ダルフールにてジャンジャウィードを使って一般住人を虐殺しているスーダン政府に資金を調達していると国際的に非難されている企業です。その企業を支え、間接的にジェノサイドの資金を支えている企業の一つが三井住友銀行です。そして、その三井住友銀行を使っている私の預金もダルフールの人たちを苦しめていたことになります。

------------------------------------------------------
私は三井住友には口座もっていないですが、なんとか問合せてみようと思います。(三井住友銀行のHPにはメルアドがないので)続く

Darfur%20shirt.jpg
posted by 真島昌子 at 15:19| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

2007年10月26日(金)開催 [and now, DARFUR]



PV directed by SAEKI SHINICHI
Background Music by Sakura Nozaki (Direction Part1, inst ver.)


darfur_omote.jpgdarfur_ura.jpg
(↑clickで拡大します)
flyer designed by UNIZON

10/26 and now, DARFUR
@仙台バードランドスタジオ


ARTIST LINEUP!
EXORGRINDST(グラインドコア)/BACK STAB(ハードコア)/SAKURA NOZAKI(Jazz Funk HipHop)/BODDI ZAPPA(エクスペリメンタルロック)/HAMSA(ファンクロック)/ワイキキチャンピオン

OPEN 20:30/START 21:00
前売・当日 ¥2000

※ライブイベント、及びTシャツ販売による利益の全てはチャド・スーダンにおけるUNHCRの活動に贈られます

※当イベントは、現在進行形でスーダンで起こっているダルフール紛争について、できるだけ多くの人に知ってもらい、個人でできることを考えてもらう、という目的のために企画されました。特定の思想や宗教、団体とは一切の関係はありません。

問合せ先:仙台バードランド
仙台市青葉区国分町3-5-31 松栄第2ビル B1
022-223-7926

(10/10追記:ワイキキチャンピオンも急遽登場!となりました)
posted by 真島昌子 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

Tシャツ撮影



CREDIT
Photographer: Masayoshi Harabuchi (原淵將嘉写真事務所)
Director(&designer): Mari Sasaki (bmpd, inc)

撮影協力 CLUB ADD

Model: Ted, PinPin, Shunsuke, Shibata, Kanna

-----------------------------------
(一言)Tシャツを購入頂きました皆さん、ご興味を持ってくれました皆さん、どうも有難うございました。まだ在庫有りますので、是非。stop_darfur@yahoo.co.jp

原淵さん、マリさんをはじめ、撮影会に参加してくれた皆さん、ADDスタッフ、どうも有難うございます。ほんとに嬉しいです。少しでも多くの人が、ダルフールって何?って思ってくれるといいな、と思います。心からありがとうございました!
posted by 真島昌子 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

んでる♪さんのブログから

んでる♪さんのブログ掲載文(7/27)です。読んでてkeep頷きingしてました。全文コピーさせてもらいましたが、せっかくなのでルーブログ風にアレンジしました。是非READしてみてPLEASE。そしてもちろんいますぐTHINK & ACT!!!!!by まちゃこ☆
-----------------------------------------------
「ジェノサイド宣言」から三年〜ダルフール

ブッシュ米大統領がダルフール紛争を「ジェノサイド」と公式に認めてから、今月で丸三年が過ぎたが、ダルフールの惨状は改善していない。

ダルフールは大きさがフランスほど。そこにもともと600万人ほどが暮らしていたが、40万人が殺され、すでに人口の三分の二以上が難民となり人道活動支援に頼って生活をしている。ダルフール住民を攻撃していたのは、ジャンジャウィードという民間軍組織で、その構成員の多くはスーダン政府に雇われた重犯罪者や報酬目当ての軍人からなる。被害者の証言によると、攻撃はだいたいいつも夜明けに空襲からはじまり、村は住民が戻ってこないように焼き尽くされ、住民の財産である家畜を盗まれ、井戸の水を汚染するために死体を井戸に落とされた上、証拠隠滅のために砂で埋められる。レイプが攻撃手段で使われ、そのために難民キャンプで生まれる子供たちがいる。

四年にもわたるダルフールの混乱の中、政府が支援する攻撃に対して地元住民が「反乱軍」を組織して武装し、いまはその反乱軍が乱立し、混乱をいっそう深め、国際援助組織の援助活動がとても難しくなっている。もちろん(?)スーダン政府は国際援助団体が難民キャンプに行くことに非常に非協力的だ。おまけに、「反乱軍」の一部はスーダン政府に買収され、ダルフール住民を攻撃していることと人道活動家も暴行を加えられたことが確認されている。

いま、ダルフールは飢饉の最中でもあるが、これはジャンジャウィードによって人為的に引き起こされたもので、難民はその生活を国際援助に頼りきっている。焼きだされ水源を破壊され、家畜を取り上げられ、住民が帰ってこられないように食料を焼き尽くし「計画的」な攻撃が繰り返されている。だが、難民キャンプも決して安全な場所ではないことが、被害者の証言から明らかになっている。食料は支給されても(支給量は栄養失調を免れないほどの量に削減された)それを調理するために火を起こさなければならない。火を起こすための枯木枝を集めるためにキャンプを出てレイプされる女性が何千人といる。

先月、ブッシュ大統領が指名した特別使節がダルフールを視察して、スーダン政府による空襲と人道援助活動を阻止する行為について厳しい指摘があった。ライス国務長官も、スーダン政府に対して、きつい口調の警告を発表した。どれも聞こえはいいが、実際の行動が伴わないから、スーダン政府は返事だけして(それも事実否認)ダルフール住民への攻撃を和らげない。

話を聞いただけで、胸が痛む。

**************
国連による「ジェノサイド」の定義は、こうなっている。

国籍、人種、宗教グループの全体か部分を全滅させるために行われるこれらの行為
a)そのグループのメンバーを殺害すること
b)肉体的精神的に深刻な危害をそのグループのメンバーに加えること
c)そのグループの生活を物質的に破壊するために計画的になされる行為
d)そのグループの子孫が生まれないようにする方法を強制すること
e)強制的にそのグループの子供たちをほかのグループに移動させること

これは国際法になっていて、今133カ国が批准している。
20世紀と21世紀に起こったジェノサイドは、1915年に起こったアルメニア・ジェノサイドをはじめに、ホロコースト、カンボジア、ボスニア、そしてルワンダと続くダルフールは2003年にはじまり、21世紀ではじめのジェノサイドだ。

************
そんなにひどいことが行われているのに、どうして報道されないのだろう。

私はそれは、個人にも原因があると思う
「ジェノサイドほどひどい状況の中にいなくても、完全に調和の取れた生活を送っている個人はいない。それぞれが違った程度の苦境と折り合いをつけながら暮らしている」
「それに、ジェノサイドのような巨大な犯罪に個人がどれほど影響を及ぼせるのか、考えただけで無力感に覆われてしまう」
「なにより、報道されないことは、めずらしくないことかもしれない。アフリカではそんなことが日常的におきているのではないか…」

だが、そう思うこと=何もしないことがダルフール問題を悪化させている原因でもあるたとえば、一人がテレビ局にダルフール問題について特番を組むように要請しても、視聴率が取れなければ、一蹴されてしまうだろう。でも、それが十人、百人ならどうだろうか。私が参加しているmixiのダルフール紛争のコミュニティは、参加者が千人近くいる。ダルフール問題を知っている人たち全員がmixiのなかの一つのコミュニティに参加しているとは考えられないから、日本語を話す人たちでダルフールに関心がある人は、最低千人いることがわかる。もしその千人が、日本のマスメディアや政治家に、ダルフール解決のための要請をしたら、どうなるだろうか。

メディアと政治家のすべてが他国のジェノサイドに強い関心を持たないとしても、そのうちの何人かは自分と同じように感じるのではないだろうか。人間なんだから

が、ここでもっと皮肉な事実があることを書いておこうと思う。
マスメディアで報道されないことは、じつは、政府の関心のなさの反映ではないのだ。

日本政府は、先月と9月、ダルフール問題を解決するための国際会議に出席していて、人道援助のために18億円を寄付した小泉政権のときから外務省を通じて、日本はダルフール問題に関わっているのだけど、それはほとんど知られていない。
日本の政府や政治リーダーは、ダルフールで行われていることに関心を持って行動しているが、国民の関心がないから援助が効果的に行われていない、と、私は外務省の発表など読んでいて感じた。政治家の腐敗を指摘する一般市民とメディアが、腐敗しているはずの政治家よりも、深刻な人道問題について無関心だというのは、皮肉だとしか言いようがない。

問題は、ダルフールがどれほど深刻な状況にあるかではなくて、何人関心を持っているかなのだからじつは個人の責任と力はジェノサイドを終わらせるためにとても重要な要素だルワンダのジェノサイドでは、100日で80万人が殺害された。そのときに、国際社会がまったく何もしなかったことは、10年経った今すでにそれぞれの政府の汚点として記録に残っている。もし、あのとき国際社会が動いていたら、いま感じるほどの「恥」を私たちは感じてはいないと思う。
Last updated 2007.07.27 03:44:15

darfur0802.jpg
posted by 真島昌子 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

連絡

字幕付けたんですけど、jimaku.inで表示時間等を調整した後、ブログに貼り付けたり、直接URLからアクセスしても正しく表示されないようなので、他の字幕付けアプリケーション探してます。探して作成次第すぐアップします。超期待してくれて毎日チェックしてくれてる稀有な皆さん、ごめん!明日ヨドバシで字幕作成ソフト買ってきます。
BS−1で今日から夜にアフリカシリーズやってますが、早速見逃した…。
posted by 真島昌子 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

abbass à noor インタビュー

前回紹介しましたダルフール出身のスーダン人ミュージシャン abbass à noor 氏にインタビューできました。要チェキラッチョ
----------------------------------------------------------
真島:abbassさんにとって、人生で大切なこととはなんでしょうか?

abbassMusic and Peace(音楽と平和)。音楽は私の人生で特別なものです。音楽をするためには、平和であることが絶対条件だから、私の人生にとってPEACEは音楽よりも大切なものだと言えます。

真島:音楽をつくること、演奏することは楽しいことですが、同時にアッバスさんのように現実を見つめて(特にダルフールで起こっていることについて)、その上で曲をつくるというのは、凄くタフ(辛くて苦しい)な作業だと思います。音楽をやめようとしたことはありますか?どうして続けていられるのでしょうか? abbassさんにとって、音楽って何ですか?

abbass:やめようとしたこともあります。でも、もし自分がやめてしまったら、誰がダルフールの悲惨な状況を伝えられると思います?いまは、フランス文化センターにいる友人の手を借りながら曲を作って、歌っています。ダルフール出身のラッパーは自分一人なんですよ。(スーダンの首都)ハルツームでもラップやってる人間は知らないですね。いろいろと難しいこともありますが、やるしかないんです。音楽は私にとって、人生そのものです。これまで35人の家族、親類が殺されてしまいました。音楽だけが唯一の希望なんです。音楽だけが、自分のメッセージを伝えることができる手段なんです。

真島:尊敬するミュージシャンは?

abbass:ダルフール紛争について声をあげているミュージシャンはほぼ全員尊敬します。彼らの音楽を通して、世界中の人々がダルフールで起こっていることに目を向けてくれますから。

真島:私個人のことですが、911の時、通っていた大学がワールドトレードセンターの隣にあったため、建物自体崩れてしまったし、クラスメートも人間がビルから飛び降りるとこをみたりしました。私は家にいたので、何も見なかったし、親しい人を亡くすこともありませんでした。ただ、次の日ブルックリンまでかなり濃い煙がただよってきて、もしかして明日死ぬんじゃないか、と漠然と思い、すごく怖くなった経験があります。それから自分の物事に対する考え方が大分変わったように思います。較べることができる話じゃないんですけど、アッバスさんは家族や友人を亡くされてしまっていて、この紛争がアッバスさんの人生そのものを変えてしまったと思います。フランス文化センターに避難後、ダルフールには戻っていないですよね。もしできたら、アッバスさんに起こったことを詳しく教えてください

abbass:フランス文化センターへは学業のために行っていたんです。ダルフールにはその後戻っていません。家族にもそれ以来会っていません。もう4年になります。家族・親戚の何人かはチャドの難民キャンプで暮らしています。スーダンの他エリアに行った人もいます。去年カタという国連と働いている友人がダルフールへ行くことになったので、彼女に父親を探してほしい、と頼んだところ、幸運にも父を見つけてくれたんです!カタが電話をくれて、「Hello, Father」と父と話すことができました。その後、カタが写真を何枚か撮ってきてくれて、今では部屋中に父の写真を飾っています。毎日「Hello, Father」と写真に話かけて、まぁ、気分的に少しは落ち着くのですが、でもただの写真なんですよ。父がここにいるわけじゃない。

真島:愛と憎しみ、どっちが強いと思いますか?愛は憎しみに勝る、と思います?みんな愛が一番強いっていうけど、いまはダルフール問題の他にも、毎日悲しいニュースばかりです。だから最近「愛」がとっても弱く感じます。また、abbassさんは「寛容」について歌ってるけど、どうしてそういう歌が歌えるんですか?私は怒ったりむかついてばっかりで、特に人殺しをする人達に「寛容」の心なんて持ってません。

abbassダルフールの現状をみれば、「愛が憎しみに勝る」とか「愛は憎しみを凌駕する」とは思えません。ダルフールで被害にあっている人が、加害者を「許す」ことはあっても「忘れる」ことはないでしょう。もし「憎しみ」があれば「愛」が生まれることはないですから。

私が歌う「寛容」とはスーダン政府に対するものではなく、ダルフールの人々についてです。政府が私達を2つに(アフリカ系とアラブ)分けたのです。以前、私達は1つでした。だからこそ、UNITEできると思うのです。それが自分の音楽のテーマでもあります。

真島:これからどういう活動をしていく予定ですか?スーダンを離れる予定はありますか?

abbass:フランスの友人達とアルバム制作を終えたばかりで、そのアルバムが今年中に発売予定です。スーダン政府からの抑圧も出てくるだろうし、とにかく活動を続けるのは簡単ではありませんが、音楽は続けます。

真島:最後に、このブログは日本人(または日本語を読む人)しかみていないので、一般的な「日本人」の皆に、メッセージをお願いします。

abbass:ダルフールで何が起こっているか、よく見てください。
ONE LOVE DARFUR-JAPAN
Peace BIG UP

-----------------------------------------
(一言)
abbass氏のCDがリリースされたら、仙台のDJ陣(特にJazz系の)にスピンして欲しい。これまで映像やニュースでしか知らなかったダルフールの人々ですが、abbass氏にコンタクトをとってから、ひどく近く感じられる。そいえばCITIZEN COPEもダルフール問題についてかなり活発に動いてます。(サスガ)うーん、チラシつくろっと。協力者随時募集〜stop_darfur@yahoo.co.jp
posted by 真島昌子 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

【abbass à noor】スーダンのHIPHOPミュージシャン 

abbassanoor.jpg

abbass à noor←クリックでmyspaceへ。音源も聴けます。

ほんとのソウルミュージックです。コンタクトをとってみたところ、快くインタビューにも応じてくれるとのこと。フランス語ペラペラギャルのさくらこちゃんが動いてくれてます。(グッジョブ!)インタビューも追ってアップします。随時協力者募集してますので、まずは考えてみてください。ヨロシクお願いします。stop_darfur@yahoo.co.jp

■プロフィール■
アッバスはチャドのジプシーの血をひく、ダルフール出身のスーダン人アーティスト。彼がハルツーム(スーダンの首都)にあるフランス文化センターに避難した後のことだが、家族を何人も亡くすという辛い経験をしてきた。その時から、彼は自分が目撃したことを音楽を通して伝えようと決心し、リリックを書きはじめた。他のミュージシャンとの交流を重ねながら、人生の苦さに身をゆだねることをやめ、尊敬と誇りと自由の価値を守るヒューマニスト・アーティストという自覚を強めていった。ハルツームでリオネル・フィリップによって録音された彼のアルバムは、アフリカの伝統音楽と現代のファンク、ヒップホップが融合する作品になっている。フランス語と英語とアラビア語でかかれたリリックは、紛争に苦しむ人々の日々の生活を描写しつつ、「愛と平和」、「寛容」といった、ユニバーサルな価値に彩られている。
posted by 真島昌子 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
ユニセフ【ダルフール緊急募金できます】
写真家Brian Steidleのサイト。是非見てください。
アムネスティ・ジャパン
ダルフールニュース(最新ニュースの日本語翻訳版)
カテゴリ
映像+日本語字幕(30)
ダルフール情勢について(テキスト中心)(2)
はじめに(1)
その他(17)
ダルフールの子供達の絵(5)
最近の記事
(02/05)緊急事態 at ムハジャリヤ(3)
(02/03)緊急事態 at ムハジャリヤ(2)
(02/03)緊急事態 at ムハジャリヤ
(11/03)11月9日(日)イベントのお知らせです
(06/28)ダルフールのためのG8緊急署名
過去ログ
2009年02月(3)
2008年11月(1)
2008年06月(1)
2008年05月(2)
2008年04月(5)
2008年03月(1)
2008年02月(5)
2008年01月(3)
2007年11月(4)
2007年10月(2)
2007年09月(1)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(6)
2007年05月(10)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。